• タグ別アーカイブ: あきゅらいず、きほんのセレクト
  • 「あきゅらいず」というスキンケアについて

    投稿日: sumire

    あきゅらいず」というメーカーのスキンケアってとっても魅力的ですよね!

    漢方の生薬エキスを配合しているとか

    ちょっと茶色がかったクリームとか

    他のスキンケアにはない要素がたっぷり。

     

    でも一番気になるのは、あきゅらいずの社長さん(女性)がものすんごいきれいなすっぴんを公表しているってこと。

    そして、ユーザーさんにもすっぴんになった方がたくさんいらっしゃるって事ではないでしょうか???

     

    さらに、芸能人の方の中にもあきゅらいずを使ってすっぴんになった人や

    男性にもヘビーユーザーがいるとか

    調べれば調べる程、びっくり!衝撃!な内容ばっかり!!!

     

    スキンケア調査や「スキンケアのお試しが趣味」なんて豪語している私。

    あきゅらいずについてもしっかり調べてみました。

     

    まず、みんなが興味を持っているのが「本当にすっぴんになれるのかな?」という事だと思うので

    あきゅらいずを使ってゲットできる効果について書いていきたいと思います。

     

    あきゅらいずは、現在社長を務めている南沢さんという女性の熱意から生まれたスキンケアであるとか

    漢方エキス(和漢ハーブエキス)についてとか

    他にも色々調べた事をシェアできたらいいな~って思います。

    これからどうぞよろしくお願いいたします!

     

    ~あきゅらいずのスキンケア 軽くおさらい~

     

    あきゅらいずのスキンケアについてはもうご存知だと思いますが

    「このアイテムのここが優れている!」という点も含め

    改めて一通り紹介していきますね。

     

    あきゅらいずの基礎化粧品

    その① 泡石

     

    「ほうせき」って読みます。

    使ってみるとすごく分かりやすく表現されたネーミングです。

    ねばねばもっちりが人気の洗顔せっけん

    翡翠みたいな色で、開けたては宝石みたいです。

    泡洗顔ブームが沸き起こったのは、この「泡石」という説があるみたい。

    ショッピング番組でふわふわもっちりの泡を紹介した所、飛ぶように売れたそうですよ。

    当時はこんなボリュームの泡ができる商品ってそんなになかったらしいです。

    今はモコモコの泡ができるせっけんやフォームがたくさんありますけどね。

     

    あきゅらいずの基礎化粧品

    その②優すくらぶ

     

    「ゆうすくらぶ」と読みます。

    お肌に優しいスクラブという意味でしょうか?

    「すくらぶ」ってひらがなで書くとカワイイですよね♪

    スクラブは、つぶつぶのマイクロビーズとかが入っていてお肌つるつるにしてくれるイメージがあります。

    あきゅらいずのすくらぶも塩の結晶なのか、つぶつぶに相当する成分が入っているみたい。

    でも、お肌にぬったらそれでおしまい。

    逆に、お肌をこすると思わぬ刺激につながったりするので注意!です。

    優すくらぶは香りが2種類あって、どちらもアロマで人気の「ゼラニウム」と「ハッカ」です。

    ミントとか言わないで「ハッカ」というところが和風っぽくて古風な感じがしていいですよね。

    泡石で洗顔した後、お肌の上に30秒ぐらいのせて洗い流します。

     

    あきゅらいずの基礎化粧品

    その③秀くりーむ

     

    クリームではなくて「くりーむ」と書くのがかわいいですね。

    シュークリーム?って感じですが、言われてみるとシュークリームの皮の色?

    匂いもちょっと甘くて、スイーツ好きの女子には嬉しいアイテムかも。

    洗顔後のお顔にぬります。

    あきゅらいずには化粧水がないんですよね。

    だから秀くりーむは「オールインワン」とも呼ばれています。

    塗るアイテムが少ない分だけ、お肌をこすりすぎることがないそうです。

     

    あきゅらいずの基礎化粧品3点は「きほんのセレクト」と呼ばれています。

    簡単な説明でしたが、きほんのセレクトについて理解は深まったでしょうか~?

     

    ちなみに、あきゅらいずではスキンケア商品の総称を「美養品(びようひん)」と呼んでいます。

    美容品でなくて、美養品。

    「美」は容(かたち)づくるのではなく「養う」ものというあきゅらいずの想いから命名されたそう。

    美へのこだわりが垣間見えますね♪

     

    あきゅらいずって、ネーミングが面白いというか、一度聞いただけでイメージがふわっと湧いてくるものが多いと思いませんか?

    私はあきゅらいずに独特のセンスを感じちゃいます。

    その辺のところも後日紹介できたらいいな♪

    ではでは、次回もお楽しみに!

    See you again!